2020.07.31 Friday

全労連が女性新議長を選出 ナショナルセンター3団体で初

0

    JUGEMテーマ:コラム

    全労連が女性新議長を選出 ナショナルセンター3団体で初

    配信より引用掲載

    共同通信

     全労連は30日、東京都内で定期大会を開き、2014年から3期6年務めた小田川義和議長(65)が勇退し、全日本教職員組合の小畑雅子委員長(61)を新議長に選出した。労働組合のナショナルセンター(全国中央組織)は全労連、連合、全国労働組合連絡協議会(全労協)の3団体あるが、女性がトップに就くのは初めて。定期大会は29日から開かれていた。  小畑氏は大会後に記者会見し、ナショナルセンターのリーダーについて「もっと早く女性がなるべきで、じくじたる思いもあるが、これが普通になるような労働運動をつくりたい」と表明した。

    2020.07.28 Tuesday

    「名ばかり個人事業主」の実態と課題に迫る〜脇田滋編著『ディスガイズド・エンプロイメント』

    0

      JUGEMテーマ:コラム

       

      「名ばかり個人事業主」の実態と課題に迫る〜脇田滋編著『ディスガイズド・エンプロイメント』

      北健一(ジャーナリスト)

       

      レイバーネツト日本より引用掲載

       

       ご恵贈いただいた脇田滋編著『ディスガイズド・エンプロイメント—名ばかり個人事業主』をようやく読めました。本書はホットな現場報告(第1部)と国際的視野からの脇田先生の論考(第2部)からなっており、新型コロナ禍の下ますます重要になっている「雇用類似」保護の社会的議論に重要な一石を投じる1冊です。

       「雇用類似」をめぐっては、学術書や研究報告は別とすると、規制緩和派からの発信が先行してきました。書籍でいえば、代表的な例が大内神哉『会社員が消える』(文春新書、2019年2月)です。規制緩和論ではない、労働者の権利を拡充するスタンスでこの問題を考える本の登場が待望されていましたが、本書はそれに正面から応えたものになっています。

       何といっても興味深いのが第1部に収められた12の現場報告です。ウーバーイーツは、ユニオン結成に対抗するように「傷害見舞金」制度を作りましたが、見舞金を申請するとアカウントを停めると言われる(場合がある=申請妨害)ことや配達員への評価の問題点が興味深かったです。丸八真綿販社で、社員を「個人請負」に切り替え、働くと「赤字」になるなどありえないほどヒドい。東電3次請・電気メーター交換の仕事では都労委命令を無視し仕事を減らし組合員を干しあげる仕打ちに憤りを感じます。スーパーホテル副支配人の手記も驚きの連続ですが、とくに出産制限には言葉を失います(男女ペアでホテル運営をさせる手法はコンビニFCとも共通面を感じます)。俳優の働き方も、特有の拘束性・従属性がリアルに描かれますが、「競争法(独禁法)の適用除外」という要求も重要な点です(日本では逆向きの議論があり、それはそれで一理あるのですが、私もこの項の筆者と同意見で「労使関係による競争制限」こそめざすべき基本方向と考えています)。

       音楽家の話ではユニオンが労働協約を結んでいることやドイツのKSK(芸術家の社会保障制度)に勇気づけられます。ヤマハ英語講師は雇用化にあと一歩という到達もさることながら、そこに至る過程と、子どもたちのためにもあきらめずに行動するという想いに打たれます。ヨガインストラクターも知らない話ばかりでしたが、相談に行った際の労委の対応とそれを受けた組合結成が感動的。クリーニングは、のれん分けに近かった「オーナー制」が偽装雇用に変質する過程が興味深く(なお、75ページにコンビニ店舗は「オーナーの所有」との記載がありますが、これは初期に多かった、セブンでいうAタイプで、現在はクリーニング・オーナーと同じく土地も店舗も持たない方=セブンのいうCタイプ=が多数です)。美容師・理容師でも、丸八真綿販社と同様、雇用を「業務委託」に置き換える動きが広がっているようですが、当事者には「労働契約よりも業務委託契約の方がよいと考えている人が多いのも現実」だとか。考えさせられます。コンビニも直面する課題が網羅的に描かれ「私たちを守る省庁がありません」という政治の課題が示されます。公取委も動かした楽天出店者の要求も喫緊の課題と思いました(これは競争法が正しく適用されるべき分野でしょう)。


      *レイバーネットTV145号放送でも「個人事業主」問題を取り上げた・アーカイブ録画

       第2部では、脇田先生が国際基準(おもにILOの2006年「雇用関係」勧告)を踏まえ労働者性判断枠組みの変更を骨太に説いています。私は、厚労省検討会による雇用類似保護の検討はプラスに評価していますが、そこで外されているのが「労働者性」(労働法、とくに労基法上の労働者の範囲)の見直しです。戦前、戦後はわりと広かった労働者性が1985年労基研報告で狭められ、時代に合わない狭いモノサシがその後ずっと使われてきたのですが、第2部はそれをどう変えていくかを主題に、ILO勧告、米国カリフォルニア州の裁判と立法、韓国の労働政策という参照軸を示し、日本での「運動の課題」を提起しています。全体としてとても参考になり、またこの課題解決に関わる身として励まされました。

       その上で、今後の課題として考えたいことの1つは、本書第1部で取り上げられた「雇用によらない働き方」の分類です。私見では、丸八真綿販社、スーパーホテル支配人、電気メーター交換技術者、ヤマハ英語講師、ヨガスタジオ講師、クリーニング店「オーナー」、理容師・美容師のように 峪愆命令も時間・場所拘束も強く、現行法制度でも労基法上(ないし労契法上)の労働者とすべき働き方」(ILOのいう誤分類)、ウーバーイーツ配達員、俳優・音楽家など芸能実演家のように◆峺醜塰‐紊蕨基法上の労働者とまでは言い難いが雇用に近く、労働法・労働保険上の保護を考えるべき働き方」、コンビニオーナー、楽天出店者のように「現行法を前提とする限り労基法・労契法等の保護にはなじまないが、労組法等適用など対等交渉ルールの整備と併せ公正取引を確保する法整備が求められるもの」に分類し、それぞれにマッチした要求と対策を考えるのがいいのではないでしょうか。そうするとタイトルの意味である「偽装雇用」は、,砲魯疋鵐團轡磴任△討呂泙蝓↓△砲發△訥度あてはまりますが、はやや違った課題となります。

       もう一つは、ここ数年の日本での「綱引き」の理解です。第2部では、「安倍政権が狙う危険な『雇用によらない働き方』の拡大」に厚労省・雇用類似検討会も含めていますが、そこはちょっと違う理解です。検討会のもとになっている「働き方改革実行計画」にも非雇用拡大の記載はありません。検討会の具体的議論は、労働者性を扱わないなどの制約はあるものの前向きに位置づけたいところです。また、建設アスベスト訴訟の一連の司法判断のうち「一人親方」救済を命じた内容と、ハラスメント防止法の国会附帯決議および厚労省指針は、第1部に登場する多くのユニオンの頑張りと併せ、この課題での日本での到達を示しています。「国際基準」とともに「日本での到達」も踏まえ、労働者性の見直しを迫っていきたいと思います。

       何より、「日本の労働組合に求められるのは、広く労働者を捉えて、その労働者全体を代表して活動し、交渉し、場合よっては争議行為でたたかうことです」(138ページ)という指摘に強く共感しますし、それをどう具体化するかを考えたいと思っています。広く読まれ、議論され、現場で活用されることを念じています。

      *2020年7月10日発行・学習の友社・1400円+税

      2020.07.22 Wednesday

      「黙っていられない」コロナ禍の雇用、支える労組 加入者増

      0

        JUGEMテーマ:コラム

         

        「黙っていられない」コロナ禍の雇用、支える労組 加入者増

        配信より引用掲載

        西日本新聞

         新型コロナウイルス感染症の流行による解雇や不十分な休業手当を巡り、新たに労働組合をつくったり、既存の組合に入ったりして働き手の権利を守る動きが出ている。全国労働組合総連合(全労連)の加盟組織にはこの間、約300人が新たに加入し、九州では福岡県で自動車交通関連の労組に五つの分会ができた。コロナ禍の中、働く人が一方的に不利な労働条件を突き付けられる例は多く、問題解決の手段として労組が見直されているようだ。 【写真】手取りは1万4千円…タクシー運転手の給与明細  福岡市のタクシー会社に勤める男性(57)は、4月分の給料が手取りで約1万4千円だった。コロナで客は減り、収入は激減した。

         社員の多くが手取り2万〜3万円に。最低賃金の水準を下回る同僚もいた。「黙っていられない」と組合をつくることにした。  全労連系の全国自動車交通労働組合総連合会(自交総連)の福岡地連には、職場に労組のないタクシー運転手などが個人加入できる自交総連福岡自動車交通労働組合(福自交労組)がある。これに同僚と入り、会社に分会を設けた。分会の組合員はその後、8人に増えた。  そのうちの一人の男性(60)はコロナ禍の中で解雇を告げられ、分会に入った。組合が団体交渉で解雇無効を訴え、使用者側は撤回した。男性は「解雇と言われて途方に暮れていた。団交後は目が潤みました」。組合は休業手当の充実や最低賃金分の保障も求め、前向きな回答を得たという。

         福岡地連によると、別の4社にも福自交労組などの分会が新たに結成された。内田大亮(だいすけ)書記長は「問題解決に労組は有効。働く人が声を上げれば、改善できるという伸びしろを感じる」と強調する。  全労連によると、感染が広がった3月から6月上旬にかけて、全国で新たに加入した組合員は約300人に上る。労組は団体交渉のほかストライキといった争議行為をできるなど強い権利があり、苦境に陥った人が労組に相談し、こうした権利を知って入っているとみられる。

        2020.05.31 Sunday

        重複御免!抗議FAXのお願い】コロナ禍、労使紛争休戦を拒否し、組合員処分を強行す

        0

          JUGEMテーマ:コラム

           

          重複御免!抗議FAXのお願い】コロナ禍、労使紛争休戦を拒否し、組合員処分を強行す る医療法人山紀会へ抗議!
          どうぞ、皆様、抗議FAXのご協力をお願いします!!組合潰しには負けません!(ケアワー
          カーズユニオン)

          ※以下転送大歓迎!!

           

          レイバーネツト日本より引用掲載

          抗議FAXのお願い
          私たちは、ケアワーカーズユニオン山紀会支部です。私たちは、大阪市西成区・医療法人
          山紀会(病院、介護施設、在宅介護)の労働者組合です。

          2013年に組合結成以来、数々の組合潰しを受けて、労働委員会などで係争してきました。
          現在も、府労委、中労委にて係争中でしたが、現在のコロナ危機を向え、組合として、利
          用者さんや患者さんの生命や生活、職員の安全と補償を守るために、長年の労使紛争の一
          旦休戦を法人に求めました。

          しかし、法人はその休戦案を拒否しました。さらには、一部署で起きたパワハラ問題の相
          談を受けていた組合役員に対して、業務中に対応したとして、一方的に反省文を求める戒
          告処分をしてきました。組合は、すぐに府労委へ不当労働行為救済申立をしました。

          しかし、法人は、組合役員が反省文を提出しなかったとして業務指示違反として、2回目
          の処分予告をしてきました。組合はすぐに、実効確保申立をしました。その結果、労働委
          員会から労使紛争を拡大させないようにという要望書が出ましたが、法人は要望書を無視
          して、組合役員に対して裁定委員会予告をしてきました。組合は再度実効確保申立しまし
          たが、5月26日、申立を再度無視して組合役員に対する裁定委員会を強行しました。

          裁定委員会では、組合役員に対して処分するとのことでした。組合役員は、1度目の処分
          の不当性や現在審問中であること。反省文を書けという業務指示や、1度目の処分の是非
          が問われてないのに反省文など書けるわけない等主張しました。

          組合は徹底的に抗議していきます!
          皆様に是非、抗議FAXをお願いします!

          山紀会本部理事長室
          FAX 06-6659-8283
          山本第三病院
          FAX 06-6652-9553

          ※FAXは組合のほうにも合わせてお願いします。
          (組合FAX)06−6180−7444

          福祉・介護・医療労働者組合
          執行委員長 南 守

          以下、FAX文です。

          -----------------------------------------------

          医療法人山紀会
          理事長 山本時彦 様
          本部長 山本孝子 様
          総務課長 佐竹倫子 様

          組合名 or  個人名

          抗議及び申し入れ

          1、山紀会は、組合要求であるコロナ危機に対する労使紛争休戦案を拒否するな!

          2、西成区医師会会長、大阪府病院協会副会長である山本時彦理事長は、組合潰しをやめ
          てコロナ対策に全力を尽くせ!

          3、パワハラ対応した志賀組合役員に対する不当処分を撤回しろ!

          4、大阪府労働委員会の要請を無視して、再処分を強行するな!

          5、処分ではなく病院内で起きたパワハラ問題の公平な調査を行え!

          一言
          ▼ブログを見る
          http://ameblo.jp/yamakiunion/entry-12600259418.html?frm_src=favoritemail
           

          2020.05.25 Monday

          解雇・雇い止めが1万人超える!〜「休業補償・解雇・倒産電話相談ホットライン」緊急開設

          0

            JUGEMテーマ:コラム

             

            解雇・雇い止めが1万人超える!〜「休業補償・解雇・倒産電話相談ホットライン」緊急開設

            レイバーネツト日本より引用掲載

             

             

             厚労省は5月22日、新型コロナ関連での解雇や雇い止めは、累計10835人で1万人を超えたと発表した。「緊急事態宣言」の長期自粛のなか悪化する経済危機のしわ寄せが働くものに押しつけられている。「生存のためのコロナ対策ネットワーク」は、「すべての人の生存保障を実現することなくして感染拡大の防止は不可能である」との認識のもと、労働組合・NPO・学者・ジャーナリストらによって、この状況を変えるために急遽結成された。現在のネットワーク参加者は、稲葉剛、今野晴貴、藤田孝典、竹信三恵子、岩田正美、後藤道夫、布川日佐史、大内裕和、指宿昭一、新里宏二、猪股正の各氏。

             いま、休業が長期に及んでいるために生活困窮に陥る人、企業倒産による解雇や雇い止めに合う人が激増している。とりわけ、非正規労働者の雇い止め、有期雇用の満了の通告が増えると予想される5月末(雇い止めは6月末でその1か月前の通告)が迫っている。「ネットワーク」では、そうした事態に備えるため、緊急で「休業補償・解雇・倒産電話相談ホットライン」を実施することになった。

             この電話相談には、全国のユニオンなどが協力態勢を組む。以下、現在参加予定の団体。さっぽろ青年ユニオン・仙台けやきユニオン・みやぎ青年ユニオン・日本労働評議会・首都圏青年ユニオン・全国一般東京東部労働組合・東ゼン労組・総合サポートユニオン・首都圏学生ユニオン・ブラックバイトユニオン・NPO法人POSSE/外国人労働サポートセンター・名古屋ふれあいユニオン・大阪全労協・連合福岡ユニオン・反貧困ネットワーク埼玉・外国人労働者弁護団など。

             ホットライン番号は0120-333-774で、5月31日(日)10時〜20時、6月1日(月)15時〜21時に受け付ける。対象は、全国の労働・生活相談を抱えている人で、学生や外国人も対応可である。

            ★問合せメール:forlife04info@gmail.com

            2020.05.20 Wednesday

            小西生コン春日井砕石工場で、落石死亡事故

            0

              JUGEMテーマ:コラム

               

              レイバーネツト日本より引用掲載

               

              5月19日 小西生コン春日井砕石工場で、落石死亡事故
              労災死亡事故が続く職場


              落石でショベルカーの運転席が潰れ、遺体確認まで4時間以上

              報道によれば5月19日午前11時50分ごろ、愛知県春日井市外之原町前田の「小西生コン春日井砕石工場」で落石があり、作業中のショベルカーが下敷きになり、この事故で70代の男性作業員が運転席で挟まれ、死亡しました。哀悼の意を表します。事故当時、作業の音が聞こえなくなったのを不審に思った男性工場長(50)が様子を見に行って事故に気付いた、作業員は同日午前7時半ごろから1人で山肌を削る作業をしていたとのこと。午後4時過ぎまで救助活動が行われ、youtube や twitter には現場の画像が次々アップされていました。

              https://matomedane.jp/coron/page/53726/t_image/923588/3
              https://www.youtube.com/watch?v=olf0Hctq6X0

              労災死亡事故が相次ぐ職場

              この小西生コン株式会社では、2016年10月21日にも春日井工場で、かくはん用ミキサーを洗浄していた労働者(57)が、突然動きだしたミキサーに巻き込まれ、頸椎(けいつい)損傷で死亡するという労災事故が発生しています。翌年2月20日にはこの事件は、「コンクリートミキサーの清掃作業にあたり、機械の運転禁止措置を行っていなかったもの」
              (労働安全衛生法第20条 労働安全衛生規則第107条)として書類送検がなされています(厚生労働省違反企業公表)。
               会社によれば、それ以前にも砕石機のベルトコンベアに巻き込まれた2名が、愛知医大と小牧市民病院にドクターヘリで搬送されているといいます。

              安全を軽視する企業と行政

               小西生コンでは、重機の資格のない労働者に重機作業をさせる、車両系建設機械の作業計画を立てていない、足場に手すりがなく、安全帯も足りていない等の労働安全衛生法違反がこれまでにもあり、労働基準監督署に労働者が度々申告をしてきました。
               しかし、会社は、団体交渉で、「安全対策は取ったが、中身は忘れた」等と安全を軽視する発言をし、労働基準監督署に申告した労働者に対しては、「あなたはうちの社員だと思ってるの、組合の社員だと思ってるの?」と暴言を吐いたこともありました。

               小西生コンの工場間の土砂の運送は、営業許可を持たない業者のダンプが過積載でこれを行っています。運輸局や警察に繰り返し通報しても、未だ行政は実効性のある措置をとっていません。このような企業と行政の在り方が、今回の惨事を招いたと思わざるを得ません。

              2020年5月20日 愛知連帯ユニオン


               

              2020.05.13 Wednesday

              <検察庁法改悪案の強行採決を許さない!>

              0

                JUGEMテーマ:コラム

                 

                <検察庁法改悪案の強行採決を許さない!> 衆院内閣委の委員長・理事&自民三役・公明代表にFAX・電話・メールの集中を!
                https://kosugihara.exblog.jp/240321445/

                東京の杉原浩司(武器取引反対ネットワーク:NAJAT)です。

                 

                レイバーネツト日本より引用掲載


                [転送・転載歓迎/重複失礼]

                検察人事への内閣の介入を合法化し、三権分立を破壊する稀代の悪法「検
                察庁法改悪案」の拙速審議と強行採決は、コロナ危機に紛れての「ショッ
                ク・ドクトリン」であり、「火事場の大泥棒」そのものです。

                600万を超える史上空前の #検察庁法改正案に抗議します のツイッター
                デモに見られる圧倒的な反対の民意を無視して、政府与党は、5月14日(木)
                の衆議院内閣委員会での採決を狙っています。

                可視化された民意を、今度は直接、議員にぶつける時です。大至急、衆議
                院内閣委員会の委員長・理事、そして自民党三役・公明党代表にFAX・電
                話・メールを集中してください!

                ◆加えて、地元選挙区の与党(自公)議員にもぜひ働きかけてください。
                地元有権者からの声は効果的で力があります。

                国会議員いちらんリスト
                https://democracy.minibird.jp/

                ----------------------

                【抗議を!】
                ※「14日の強行採決に反対します」
                「検察幹部の定年延長を認める条項の削除を」など

                <衆議院内閣委員会>

                ◆委員長 松本文明(自民)
                (FAX)03-3508-3330 (TEL)03-3508-7330
                [地元事務所]
                (FAX)03-3229-2323 (TEL)03-3229-2300

                ◆筆頭理事 井上信治(自民)
                (FAX)03-3508-3328 (TEL)03-3508-7328
                (メール) inoue.office@carrot.ocn.ne.jp

                ◆理事 関芳弘(自民)
                (FAX)03-3508-3603 (TEL)03-3508-7173
                (メール) https://3ku-seki.com/?page_id=393

                ◆理事 長坂康正(自民)
                (FAX)03-3508-3863 (TEL)03-3508-7043
                (メール) nagasaka.info@gmail.com

                ◆理事 牧島かれん(自民)
                (FAX)03-3508-3826 (TEL)03-3508-7026
                (メール) https://makishimakaren.com/contact/

                ◆理事 宮内秀樹(自民)
                (FAX)03-3508-3604 (TEL)03-3508-7174
                (メール) https://miyauchihideki.jp/ の下方「Contact」フォームから

                ◆理事 太田昌孝(公明)
                (FAX)03-3508-7149 (TEL)03-3508-3639

                <自民党三役・公明代表>

                ◆国会対策委員長 森山裕
                (FAX)03-3508-3714 (TEL)03-3508-7164
                (メール) https://bit.ly/2xUO7GA

                ◆幹事長 二階俊博
                (FAX)03-3502-5037 (TEL)03-3508-7023

                ◆政調会長 岸田文雄
                (FAX)03-3591-3118 (TEL)03-3508-7279
                (メール) f-kishida@kishida.gr.jp

                ◆公明党代表 山口那津男
                (FAX)03-6551-0806 (TEL)03-6550-0806
                (メール) https://www.n-yamaguchi.gr.jp/contact/

                【激励を!】

                筆頭理事 大島敦(立国社)
                (FAX)03-3508-3380

                理事 今井雅人(立国社)
                (FAX)03-3508-3866

                ※衆議院内閣委員会 委員名簿
                http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_iinkai.nsf/html/iinkai/iin_j0010.htm
                 

                2020.05.13 Wednesday

                ●争議勝利解決のご報告と御礼

                0

                  JUGEMテーマ:コラム

                   

                  全国一般東京東部労組の須田です。

                   

                  レイバーネツト日本より引用掲載

                   

                  東部労組個人タクシー世田谷第三職員支部の争議が勝利解決しました。
                  みなさんのよってたかってのご支援に感謝申し上げます。
                  以下、その報告と御礼です。

                  ●争議勝利解決のご報告と御礼




                  全国一般東京東部労組個人タクシー協同組合世田谷第三職員支部の闘いで、職員
                  に不当の限りを尽くしてきた使用者を職場から放逐し、新たに就任した使用者と
                  の交渉で職員の要求が認められたため、労組は5月11日、合意書に調印しまし
                  た。

                  無期限ストライキをはじめとする労働者の団結と闘いによる勝利です!全国から
                  支援カンパを寄せてくれたみなさん、抗議行動に参加してくれたみなさん、本当
                  にありがとうございました!

                  同支部の労働争議は、朝貝支部委員長の今年3月からの定年再雇用をめぐり使用
                  者側が一方的に勤務日を週3日に減らし半額の賃金でしか雇わないという不当な
                  条件を押しつけてきたことや、組合員への不当労働行為に使用者が一向に反省を
                  示さないことなどから勃発しました。

                  同支部の職員2人は「生活できる再雇用条件を示せ」などの要求を掲げ、時限ス
                  トライキや抗議行動などを闘い、3月5日からは無期限ストライキに突入してい
                  ました。2人を支えようと全国各地から多額の支援カンパが寄せられ、支援決起
                  集会にも多くの労働者が駆けつけてくれました。

                  こうした闘いの中で、2人が雇用されている東京都個人タクシー協同組合世田谷
                  第三支部において総会の役員選挙が今月上旬に行われ、使用者側の全員が立候補
                  を断念せざるをえないという事態に追い込みました。つまりパワハラや不当労働
                  行為をくり返してきた悪らつな使用者たちが総退陣し、使用者たる
                  地位を追われ、職場から放逐されたということです。

                  そこで職員2人は新たに就任した使用者とただちに交渉し、主に以下の内容で合
                  意に達しました。

                  1.使用者は、朝貝支部委員長の定年再雇用について、前の使用者が押し付けた
                  週3日勤務・賃金半額という雇用条件を全面的に撤回し、新たに週5日勤務・現
                  状の賃金の8割6分相当(基本給が7割、諸手当は現状通り)で雇用契約を締結
                  する。賞与についても従来の7割相当を支給する。

                  2.使用者は、朝貝支部委員長に対して前の使用者が通告した懲戒処分を全面的
                  に撤回し、その旨を事務所内に掲示する。

                  3.使用者は、朝貝支部委員長に対して前の使用者が退職金を10%削減した行
                  為は不当なものであると認めて全面的に撤回し、速やかに減額分を支給する。

                  4.使用者は、前の使用者が組合員に対して行った言動が不当労働行為であった
                  と認め、その言動を撤回するとともに遺憾の意を表明し、今後は使用者としてそ
                  のような行為がないよう努める。

                  5.使用者は、前の使用者が職員に対して行ってきたパワハラと思われる言動に
                  ついて遺憾の意を表明し、今後は良好な職場環境を作るよう努める。

                  生活できる定年再雇用の条件を勝ち取り、使用者による不当な懲戒処分や退職金
                  削減、不当労働行為の言動もすべて撤回させることができました。これらの合意
                  を踏まえて、職員2人は67日間に及んだ無期限ストライキを解除し、5月11
                  日の始業時間から就労に復帰しました。

                  団結して闘えば労働者の生活と権利を守ることができると2人の闘いは証明しま
                  した。この争議勝利は2人だけの勝利ではなく、寄って集って(よってたかって)
                  争議をともに闘ってきたすべての労働者の勝利です。

                  ご支援いただいたみなさん、本当にありがとうございます!全国各地から寄せら
                  れた争議支援カンパは全額、2人の生活と闘いを支えるために活用させていただ
                  きました。これをもってカンパの呼びかけは終了させていただきます。

                  今後も2人は労働者の生活と権利を守っていくため、引き続き奮闘していく決意
                  です。ともに頑張りましょう!

                  ※ 以下のブログ記事を参照
                  https://blog.goo.ne.jp/19681226_001/e/c67f26a464f00de8972167beafe7e1f3

                  2020.05.10 Sunday

                  すべての住民にひとり一月30万円!〜「自由と生存のメーデー」新宿でデモ

                  0

                    JUGEMテーマ:コラム

                     

                    すべての住民にひとり一月30万円!〜「自由と生存のメーデー」新宿でデモ

                    レイバーネツト日本より引用掲載

                     

                     

                    デモ動画(3分半)集会動画(1時間)

                     連合・全労連・全労協など大労組のメーデーが「オンラインメーデー」になったなか、非正規・若者を中心にした「自由と生存のメーデー2020」は、5月9日午後、東京・新宿の街頭に繰り出した。呼びかけたのはフリーター全般労組とキャバクラユニオンでアルタ前に約150人が集まった。

                     デモの横断幕には「すべての住民にひとり一月30万!払えないなら倒すぞ政府!」と書かれていた。「10万ではやっていけない。30万払ってくれ」それがみんなの切実な要求だった。しかも一律10万円の給付金さえいつになるかわからない。PCR検査もやらない。こんな安倍政権のコロナ対策に対する人々の怒りは頂点に達していた。

                     「全国トンカツ屋決起せよ」のスローガンを掲げた男性は、「練馬のトンカツ屋さんがコロナで焼身自殺に追い込まれたことが悔しい。2番目3番目のトンカツ屋が出ないように祈るが、死ぬくらいなら立ち上がろう」と語っていた。

                     シュプレヒコールは「延長するならカネよこせ!」「みんなに検査を受けさせろ!」「家賃をタダにしろ!」など切実な声だった。デモへの注目度は高く、沿道の人々はスマホでシャッターを切ったりプラカードに目を凝らしていた。
                     デモのあとに行われたアルタ前集会では、雨宮処凛さん、小倉利丸さん、杉原浩司さんなどが発言した。(М)

                    2020.05.04 Monday

                    富士そばはユニオン組合員在籍店舗の恒久的閉鎖

                    0

                      JUGEMテーマ:コラム

                       

                      首都圏青年ユニオン事務局長の豊橋です。

                       

                      レイバーネツト日本より引用掲載

                      飲食店ユニオンは、交渉で「富士そば」全従業員の全額給与補償と全店舗での感染対策実
                      施を実現しました。

                      その直後、富士そばはユニオン組合員在籍店舗の恒久的閉鎖を決定し退職強要を始めまし
                      た。
                      声をあげた組合員を狙い撃ちにしているとしか思えません。
                      強く抗議します。

                      くわしくは下記をご覧のうえ、ぜひこの問題をご拡散ください。

                      ●飲食店ユニオンブログ
                      http://restaurantunion.blog.jp/preview/edit/3b70b3c87260c1d3f8b4a6f0043b4e0d

                      ●Twitter
                      https://twitter.com/Uni_Restaurant/status/1256803299233128448?s=20

                      ●青年ユニオンFacebook
                      https://www.facebook.com/%E9%A6%96%E9%83%BD%E5%9C%8F%E9%9D%92%E5%B9%B4%E3%83%A6% E3%83%8B%E3%82%AA%E3%83%B3-358170754251563/
                       

                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << August 2020 >>
                      PR
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM